農地のトラブル

農地に関する紛争については農地法が適用されますので、特に注意が必要です。
すなわち、借地借家法においては民法の原則が大幅に修正されているのと同様に、農地においては農地法により民法の原則が大幅に修正されているのです。
例えば、農地法では、①農地の所有権の移転等(3条)、②農地の転用(4条)、③転用目的での所有権の移転等(5条)、④賃貸借の解除・解約(18条)、には原則として農業委員会や知事の許可を要するとされているのです。
また、不動産登記上の地目が農地である「田」や「畑」の場合には、登記内容を変更するには大きな制約があります。
農地のトラブルでお困りの方は、一度、当事務所にご相談ください。

農地法Q&A

費用

1 相談料

初回無料
2回目以降は30分当たり5,000円(税別)

2 着手金・報酬

個別の案件毎に見積もり

実費別途

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ