不動産売買

登記の欠缺~背信的悪意者

不動産(土地、建物)を売買等により取得した場合、必ず登記をしなければなりません。何故なら、売主が第三者にその不動産を売却して登記名義を第三者にしてしまったら、第三者に対抗できなくなるからです(民法177条)。

詳しくはこちらをご覧ください。

説明義務

売買に際して、売主が買主に対し、十分な説明をしなかった場合、売主らは一定の責任を問われることがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

手付金

不動産を売買する際、多くの場合、手付金の授受がされます。契約締結時、買主が売主に対し、売買代金の1割程度の金額を預け、決済の際に残金を支払うというのが一般的です。

詳しくはこちらをご覧ください。

数量指示売買

数量指示売買とは、「当事者において目的物の実際に有する数量を確保するため、その一定の面積、容積、重量、員数または尺度あることを売主が契約において表示し、かつ、この数量を基礎として代金額が定められた売買」のことです(最高裁判決昭和43年8月20日判決)。

詳しくはこちらをご覧ください。

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、売買の目的物に隠れた瑕疵があったとき、買主は売主に対し、契約の解除(ただし、そのため契約をした目的を達することができない場合)、損害賠償請求ができるというものです。

詳しくはこちらをご覧ください。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

0120-967-330(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ