民法上の土地賃貸借

建物所有を目的としない土地賃貸借については民法の規定が適用されます。駐車場や資材置き場などの賃貸借がこれに当たります。

賃貸借の存続期間は、20年を超えることができず、契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は20年となります(604条1項)。賃貸借の存続期間は、更新することができますが、その期間は、更新の時から20年を超えることができません(604条2項)。

当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができ、この場合においては、土地の賃貸借は、解約の申入れの日から1年を経過することによって終了します(617条1項)。

当事者が賃貸借の期間を定めた場合であっても、その一方又は双方がその期間内に解約をする権利を留保したときは、前条の規定が準用されます(618条)。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ