025 賃借人が身元不明の人間を同居させた事例

依頼内容

 家賃滞納後、退去の合意ができたものの、賃借人が退去しないので建物明渡し請求訴訟提起の依頼がありました。

解決内容

 当事務所が着手した段階で、賃借人が身元不明の第三者を同居させていることが判明したため、賃借人及び同居者を相手方として占有移転禁止仮処分の申立てを行い、同仮処分執行により同居者の氏名等が判明しました。 そして、賃借人、同居者及び連帯保証人に対して訴訟を提起し、明渡し等を命じる判決を取得しました。

 判決を基に建物明渡しの強制執行を行い、予告執行を経て、ようやく明渡しを受けることができました。

コメント

 本件は、賃借人が、「すぐに退去する」と言うものの、第三者を同居させ、居座るという悪質なケースであり、①占有移転禁止仮処分の申立て、②仮処分執行、③訴訟提起、④明渡の本執行というフルコースでの対応を余儀なくされた事案です。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ