021 隣地所有者から境界のブロックの撤去を求められた事例

依頼内容

隣地所有者から、長年、境界に設置されていたブロック塀が境界から隣地側にはみ出ているとの理由で、ブロック塀の撤去、土地明け渡しを求める訴訟を提起され、応訴の依頼を受けました。

解決内容

境界線はどこなのかを確認するため、現地での立会い、測量等を行い、最終的に、所有界および筆界について合意のうえ解決しました。

コメント

境界の争いは、ほんの数センチ、数十センチに過ぎなくとも、感情的にもつれてしまって解決が困難になってしまいがちであり、また、資料についても、大昔の資料を調査、収集する必要があります。境界の争いについては、この点、留意していただく必要があります。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ