020 賃貸マンション明渡しの判決により強制執行をした事例

依頼内容

賃貸マンションのオーナーから、賃借人が賃料を支払わないので明渡しを求めたいとの依頼を受けました。

解決内容

明渡しを求める訴訟を提起し、判決を得て、建物明渡しの強制執行を行いました。

コメント

任意の明渡しを受けることができず、強制執行を行ったため、執行費用がかかりましたが、残置されている家財道具はほとんどありませんでしたので、執行費用として10万円程度ですみました。多量の家財道具が残されている場合、荷物の搬出等のため数十万円の費用を要しますので、この点、留意が必要です。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ