018 破産財団から放棄された不動産に設定されていた抵当権等を抹消した事例

依頼内容

依頼者から、所有不動産に抵当権設定登記が残されているので抹消してほしいとの依頼がありました。

解決内容

抵当権設定登記等の抹消を求める訴訟を提起し、判決を得て、抹消登記手続を行いました。

コメント

被担保債務が消滅時効にかかっているような場合、債権者との連絡不能、死亡、会社の場合では代表者の死亡等、円滑に訴訟進行ができない場合も多々存することに留意が必要です。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ