047 不動産業者から共有物分割請求訴訟を提起され和解で解決した事例

依頼内容

 昭和30年代に建築された、いわゆる「分有形式」のビル(それぞれが単独で所有する土地を一体とする敷地上に建築されたビル)につき、共有者の1名について相続が開始した後、他の相続人から持分を買い受けた不動産業者から共有物分割請求訴訟を提起されたため、その対応の依頼がありました。

解決内容

 当方は現物分割を希望しましたが、相手方が全面的価格賠償により物件を単独で取得することを希望し、地裁では、相手方の全面的価格賠償の希望が認められました。控訴し、相手方提案の賠償額を大幅に上乗せしてもらうことで和解が成立しました。

コメント

 本件は、建物の区分所有等に関する法律(マンション法)が施行される前に建築されたビルであったことから権利関係が不明確であり、最後まで争いがあった事例でした。そのため、相手方は賠償価格について譲歩せざるを得なかったものと思われます。

この記事は弁護士が監修しています。

弁護士 井上元(いのうえもと) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(1988.4 登録、日弁連登録番号:20771)
「広く、深く」をモットーに研鑽に努めています。インターネット上の法律情報を整理したサイト「法律情報 navi」を運営していますのでご覧ください。

弁護士 中村友彦(なかむらともひこ) OSAKA ベーシック法律事務所

大阪弁護士会所属(2012.12 登録、日弁連登録番号:46674)
迅速な対応、機動力、徹底した調査・分析、フランクな対応を心がけています。

大切な不動産を私たちが守ります!

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(御予約受付:平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

メールでの御予約は24時間受付

相談の流れ

不動産の法律相談の御予約

初回の御相談は1時間まで無料

06-6226-5535(平日午前9:30~12時 午後1時~5:30)

メールでの御予約は24時間受付

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家
対応エリア